東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

新車販売3年ぶり増加 17年国内台数

写真

 二〇一七年の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年比5・3%増の五百二十三万四千百六十六台と三年ぶりに増加した。日産自動車とSUBARU(スバル)の無資格検査問題が逆風となったが、各社が売り出した新型車が好調で販売増に寄与した。国内景気の回復を背景に、消費者の購買意欲が高まったことも影響した。五百万台の大台を回復するのは二年ぶり。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が五日発表した。自販連は「消費者の財布のひもは緩んでいる。今年も三月に向けた需要期に好調な販売が期待できる」とみている。

 軽以外の自動車(登録車)の販売台数は、前年比4・5%増の三百三十九万八百二十四台と、二年連続で前年を上回った。トヨタ自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「C−HR」やホンダのミニバン「フリード」などが売れ、市場全体をけん引した。

 軽は6・8%増の百八十四万三千三百四十二台と三年ぶりに増加した。一六年は燃費不正問題の影響で三菱自動車や日産の軽の販売が落ち込み、その反動が大きい。ブランド別ではダイハツ工業が六十万二千七百八十九台と三年連続で首位に立ち、スズキが五十五万六千二百九十一台で二位だった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報