東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、自動運転前進 アマゾンと提携 宅配EV開発へ

8日、米ラスベガスで、多目的の商用EV「イーパレット」の概要を発表するトヨタ自動車の豊田章男社長=東條仁史撮影

写真

 【ラスベガス(米ネバダ州)=東條仁史】トヨタ自動車は八日、米家電見本市「CES」が九日に米ネバダ州ラスベガスで開幕するのに先立ち、出展する自動運転機能を搭載した商用の次世代電気自動車(EV)「e−Palette(イーパレット)」の概要を発表した。米通販大手アマゾン・コムなど五社と提携して、他社の自動運転システムも活用して開発を進める。

 イーパレットは全長四〜七メートルの三つのサイズを用意。会場で披露された中型サイズは全長四・八メートルで二十人の立ち乗りが可能。通勤や高齢者の移動支援、物販などの活用方法が紹介された。会見した豊田章男社長は「トヨタを自動車メーカーから移動(の手段を提供する)会社に変えることが目標だ」と述べた。二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックでお披露目した後、二〇年代前半には米国などで実証実験を始める。

 提携するのはアマゾンのほか、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズや中国同業の滴滴出行、米ファストフードチェーンのピザハット、マツダの計五社。インターネット通販の商品配送など提携先の事業者の用途に応じた設備を搭載する。

 今回の開発では、車の周辺の状況を把握して多様な判断をする自動運転技術の根幹部分で、トヨタの技術だけでなくウーバーなど他社が開発したシステムも利用する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報