東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

AI進化、最新技術競演 米で家電見本市開幕

 【ラスベガス=共同】世界最大の家電見本市「CES」が九日(日本時間十日)、米ラスベガスで開幕した。過去最大規模の約三千九百社が出展。人工知能(AI)の進化で新たな家電やロボット、人と対話する車などが次々と生まれ、電機メーカーや自動車大手、IT企業が国境や業界の垣根を越えた提携や競争を加速させる中、各社が最先端の技術を披露する。

 日本からはパナソニックやソニー、トヨタ自動車、日産自動車などが出展。ホンダはAI搭載のロボットを中心に展示し、人の感情を認識して表情や音、動きでコミュニケーションを取ることのできるロボットの試作機などを公開した。

 十二日まで。世界中から十七万人以上の来場者を見込む。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報