東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

銀行、手数料引き上げ 両替や振り込みなど

写真

 国内の大手銀行や地方銀行が、両替や振り込みの手数料を相次いで引き上げている。日銀の大規模金融緩和による低金利や少子高齢化で事業環境が厳しくなる中、銀行は収益構造の見直しが急務となっているため。手数料引き上げ分を店舗運営経費の一部に充て、採算性の改善につなげたい考えだ。

 海外で多く採用されている口座維持手数料に関しては「顧客の理解が得られていない」(大手銀行幹部)として各行とも慎重な姿勢を崩していない。今後は現金自動預払機(ATM)の利用手数料の引き上げなどが選択肢となる可能性がある。

 大手銀行では、みずほ銀行が今年一月から両替手数料を引き上げた。みずほ銀行はこれまで、窓口での両替は紙幣五十枚まで無料だったが、同行に口座を持つ顧客は三十枚まで無料にして、口座のない人は一回三百二十四円を徴収することにした。

 三菱東京UFJ銀行も四月から両替手数料の引き上げに踏み切る。これまでは五十枚まで無料だったが、口座保有者は十枚まで無料とし、十一枚以上と口座のない人は一回五百四十円を取る。三井住友銀行は昨年五月に既に両替手数料を引き上げた。

 地銀でも手数料改定が相次ぐ。伊予銀行は一月中に両替手数料や振込手数料などを引き上げる。振込手数料は、例えば同一店内で三万円以上の振り込みを窓口でする場合は四百三十二円から五百四十円になる。岩手銀行は一月四日から振込手数料を上げた。北日本銀行も三月から振込手数料などを引き上げる予定だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報