東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

JR東海社長に金子氏 葛西名誉会長は留任

記者会見を終え、握手を交わすJR東海の柘植康英社長(左)と次期社長に昇格する金子慎副社長=11日午後、名古屋市で

写真

 JR東海は十一日、柘植康英社長(64)の後任に金子慎副社長(62)が昇格する人事を発表した。柘植氏は代表権のある会長に就く。葛西敬之氏(77)は取締役名誉会長として留任するが、代表権はなくなる。山田佳臣会長(69)は代表権のない取締役相談役となる。いずれも四月一日付。リニア中央新幹線の工事が本格化、柘植氏の就任から四年が経過することから経営体制を一新する。

 東京地検特捜部がリニア工事を巡る談合事件で捜査を進めているが、柘植氏は名古屋市で開いた記者会見で、事件と社長交代は「関係ない」と述べた。

 金子氏は人事や総務の経験が長く、リニア事業を担当。早くから社長候補と目されていた。

 金子氏について柘植氏は「バランスのいい判断ができる腹の据わった人。長期展望を持ち会社を引っ張ってもらいたい」と期待を寄せた。

 金子氏は「鉄道事業の基本である安全を最優先にしたい」と抱負を述べた。談合事件については「全貌が分からない。工事の進行が滞らないように脇を締めていきたい」と話した。

 金子 慎氏(かねこ・しん)東大卒。78年旧国鉄。JR東海常務などを経て12年6月から副社長。富山市出身。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報