東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

大卒内定率86%に 12月時点 96年以降で最高

 厚生労働、文部科学両省は十七日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が昨年十二月一日時点で前年同期比1・0ポイント増の86・0%で、この時期としては調査が始まった一九九六年以降の最高を更新したと発表した。七年連続の上昇。

 厚労省の担当者は「景気が緩やかに回復し会社の採用意欲が高まっていることや、人手不足の中、人材確保のために企業が内定を出す時期を早めていることが要因と考えられる」としている。

 男女別では、男性85・2%、女性87・0%。地域別では、関東が最も高い88・2%。近畿87・5%、中部87・1%と続き、中国・四国が最も低い78・7%だった。前年同期比では関東だけが微減で、他はいずれも改善した。

 大学生の内定率は全国の国公私立大から六十二校を選び、各大学で調査対象の学生を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を調査している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報