東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

経団連「3%の期待意識」 連合「ベア含め4%を」 労使フォーラム

 主要企業の労使が意見を交わす「労使フォーラム」が二十二日、東京都内で開かれ、二〇一八年春闘が事実上スタートした。政府が賃上げを呼び掛ける「官製春闘」は五年連続。安倍政権が「3%」と数値を示して求める賃上げに、企業がどこまで応えるかに注目が集まる。

 経団連の榊原定征(さだゆき)会長は冒頭のあいさつで、「多くの企業で好業績が見込まれていることから、賃金引き上げに対する社会的な関心は高まっている」と強調。「3%賃上げという社会的期待も意識しながら、従来より踏み込んだ呼び掛けを行っている」とあらためて賃上げを促した。

 これに対し、連合の神津里季生(こうづりきお)会長は講演で、「デフレをどう脱するか。今年の春闘は重要な位置付けにある」との考えを示し、政府が示す3%の賃上げについても「3%を上限と考えられては困る。中小企業も関係ないと思わないでほしい」と訴えた。

 賃上げを巡っては、経団連も3%の賃上げに前向きな姿勢を示す。連合はベースアップ(ベア)と定期昇給を合わせた月給ベースで、4%の賃上げを求めている。

 労使フォーラムは二十三日まで。同日には経団連会長と連合会長のトップ会談も行われる。春闘は二月中旬に主要労組が要求書を提出し、三月中旬に集中回答日を迎える。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報