東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

白物家電、20年ぶり活況 高価格帯好調 昨年出荷2.3兆円

写真

 日本電機工業会(JEMA)が二十四日発表した二〇一七年のエアコンや冷蔵庫といった白物家電の国内出荷額は前年比2・0%増の二兆三千四百七十九億円で、一九九七年以来二十年ぶりの高水準となった。増加は二年連続。高機能を求める消費者が増え、価格の高い商品が好調だった。電気代を考え、省エネ性能を重視する傾向も続いた。

 製品別では、洗濯機が2・7%増の三千二百七十七億円だった。共働き世帯の増加で、まとめ洗いができる大容量の製品の需要が増している。エアコンは6・2%増の七千二百三十二億円だった。

 電子レンジは4・0%増の九百七十九億円。健康志向の高まりで加圧水蒸気を使ったオーブンレンジが人気となるなど、付加価値の高い商品が選ばれている。

 一方、冷蔵庫は0・8%減の四千二百三十七億円だった。出荷台数は伸びたものの、高齢化や一人暮らし世帯の増加で中小型を選ぶ人が増え、出荷額は減少した。炊飯器は、6・6%減の千百五十四億円だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報