東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

仮想通貨580億円分消失 コインチェック「不正送金された」

仮想通貨取引所の運営大手コインチェックの本社が入るビルに集まった利用者ら=26日午後、東京都渋谷区で

写真

 仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京)は二十六日、取り扱っている仮想通貨の一種「NEM(ネム)」約五百八十億円分が不正アクセスで外部に送金され消失したと発表した。送金されたのは全て顧客が保有している通貨。コインチェックは仮想通貨の入出金や売買といった取引サービスを一時停止し、仮想通貨が消失した理由などを調査しており、金融庁にも報告した。

 不正による仮想通貨取引所の損失額は、約四百八十億円だった二〇一四年のマウントゴックス(東京)を超え、最大規模となる。

 記者会見した和田晃一良社長は「お騒がせして深くおわびする。大変申し訳ありません」と陳謝。補償については、今後検討する方針を示した。

 コインチェックによると、二十六日午前三時前に不正アクセスがあったという。二十六日午後にはインターネット上でネムの入金を制限すると公表。その後、ネムの売買と出金に加え、取り扱う全ての仮想通貨と日本円の出金を一時停止した。復旧については「めどは立っていない」とした。

 仮想通貨取引所を巡っては、テックビューロ(大阪市)が今月上旬、不正出金などにより仮想通貨の出金を一時停止しており、安定運営を求める声が強まりそうだ。

 国内では昨年、改正資金決済法が施行され、現金と交換する取引所に登録制が導入された。コインチェックは関東財務局に登録を申請中で、審査が続いている。

◆「まさか巻き込まれるとは…」

 コインチェックが入る東京都渋谷区のビル前は、将来の取引を不安視する利用者らであふれ返った。

 コインチェックに百万円を預けたというプログラマーの男性(28)=東京都世田谷区=は、取引が停止しているとの情報をインターネット上で見つけ、仕事帰りに同社が入るビルに立ち寄った。仮想通貨を巡っては、ビットコイン取引所のマウントゴックスで巨額のコイン消失事件が起きるなどした。男性は「こうした事態はある程度想定していた」とする一方で「まさか自分が巻き込まれるとは…」とうなだれた。東京都豊島区に住む金融業の女性(28)は約八十万円を取引。普段からサーバーダウンなどのトラブルが多かったといい「セキュリティーが弱いと感じていた」と振り返った。「預けていた全資産が引き出せなくなっている。お金を返してほしい」と表情をこわばらせていた。

<コインチェック> 国内大手の仮想通貨取引所を運営する企業。2012年8月の設立で、東京都渋谷区に本社を構える。取引所で扱っている仮想通貨はネムに加え、ビットコインやイーサリアムなど計13種類。ビットコインを使った決済サービスも提供しており、各地の飲食店などで導入されている。17年7月末時点の社員数は71人。資本金は9200万円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報