東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「eスポーツ」プロ続々誕生 幕張で対戦ゲーム初の公認大会

「ストリートファイターV」の大会で対戦する人たち=10日午後、千葉市の幕張メッセで

写真

 家庭用ゲーム機やスマートフォンのゲームで対戦し、格闘技やパズルの腕前を競う「eスポーツ」で、国内統括団体が初めて公認した大会が十日、千葉市の幕張メッセで開かれた。優秀な成績を収めてプロに認定されたプレーヤーやチームが続々と誕生し、会場は熱気に包まれた。大会は十一日まで開かれる。

 ミクシィのスマホゲーム「モンスターストライク」の大会では、勝ち残った二チーム八人をプロに認定。ステージを取り囲むように観客が集まり、勝敗が決まるたびに大きな歓声が起こった。

 プロライセンス制度は、一日に発足した日本eスポーツ連合が立ち上げた。大会の開催などを支援し、野球選手のように職業として定着させる狙いがある。ライセンスはゲーム別に発行され、十日は「パズル&ドラゴンズ」「ストリートファイターV」などでも試合が行われた。十一日も新たなプロが誕生する見通しだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報