東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

核ごみ処分研究で不正 神鋼、原子力機構から受託

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題を巡り、日本原子力研究開発機構は十四日、神戸製鋼に委託した、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の地層処分に関連する研究データに不正があったと発表した。

 研究は二〇一二年度〜一四年度に旧原子力安全・保安院と原子力規制委員会から委託を受けた機構が、神戸製鋼に再委託し、子会社のコベルコ科研が実施した。

 神戸製鋼の内部調査で、核燃料の被覆管として使われている合金の腐食に関するデータに、機構に納めた報告書と内部の実験記録が合わないものが複数見つかったという。

 機構は十四日、規制委に報告。規制委は詳しい調査を指示した。規制委によると、データの改ざんなどが確認された場合、委託研究のやり直しを求める可能性もあるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】