東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

出店判断AI活用 ローソン検討

 コンビニ大手のローソンが新規出店の可否判断に人工知能(AI)の活用を検討していることが18日、分かった。人口や世帯分布、交通量といった商圏データをAIが収集・分析し、既存の類似店舗の売り上げ実績を参考にしながら採算性を予測する。実用化すれば国内流通業界では初の試み。地域特性に応じた店づくりを迅速に進めるのにも役立てるため、消費者にとっても便利な品ぞろえになりそうだ。

 生鮮食品を扱う「ローソンストア100」のデータを利用した実証実験を昨年末に始めた。学習を通じて判断の精度を高め、通常の「ローソン」や高級志向の「ナチュラルローソン」を含めた導入を目指す。「AIが出店に適した場所を探せるようになる」(役員)姿を念頭に置いている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報