東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

一万円金貨には流鏑馬 東京五輪記念貨幣 5種類の図柄発表

2020年の東京五輪を記念し発行される一万円金貨の図柄。流鏑馬の絵柄と「心技体」の文字があしらわれる

写真

 財務省は二十三日、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣の第一次発行分として、一万円金貨など五種類の図柄を発表した。今年十一月ごろの第一次を皮切りに、大会開催直前まで四回に分けて計三十種類程度を発行する予定。五輪の金貨には流鏑馬(やぶさめ)の絵柄の横に「心技体」の文字をあしらい、裏側には大会エンブレムを配置した。

 金貨と銀貨は造幣局の通信販売で七月十日に申し込みの受け付けを始め、十一月ごろから発送する。製造コストがかさむため、価格は額面一万円の金貨が十二万円(発行枚数四万枚)、同千円の銀貨が九千五百円(二種類で計二十万枚)とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報