東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

魚沼産コシヒカリ 初の「特A」漏れ

 日本穀物検定協会が二十八日発表した二〇一七年産米の食味ランキングによると、有名ブランド米の新潟県魚沼産コシヒカリが五段階評価で最高の「特A」から初めて後退し、二番目の「A」になった。今回の特Aは四十三銘柄で一六年産に比べ一銘柄減ったものの、過去三番目の多さだった。

 魚沼産コシヒカリは特Aができた一九八九年産から一六年産まで二十八年続けて最上位を守り、凶作の九三年も唯一転落しなかった。昨夏の天候不順が響いた可能性もありそうだ。

 今回初めて特Aを獲得したのは埼玉(県東)の「彩(さい)のきずな」、高知(県北)の「にこまる」の初登場二銘柄と、佐賀の「夢しずく」の計三銘柄。産地・品種ごとに区分した全国(東京都、大阪府、沖縄県を除く)の百五十一銘柄を味、粘りなど六項目で評価した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報