東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

スバル社長に中村氏が昇格 吉永氏は会長に

中村 知美氏

写真

 SUBARU(スバル)は一日、中村知美専務執行役員(58)が社長に昇格する人事を固めた。吉永泰之社長(63)は代表権のある会長に就く。昨年発覚した無資格検査問題を受けて経営陣を刷新し、品質管理体制の強化を進める。六月の株主総会後に就任する。

 スバルでは昨年十月、群馬県の二工場で新車を出荷する前の最終検査に資格を持たない従業員が携わっていたことが発覚。検査員の教育で、試験官が試験の答えを教えるなどの不正があったことも判明し、これまでに約四十一万七千台のリコール(無料の回収・修理)を国土交通省に届け出た。

<中村 知美氏(なかむら・ともみ)> 慶大卒。82年富士重工業(現スバル)。経営企画部長などを経て16年4月から専務執行役員。東京都出身。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報