東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米経済司令塔にクドロー氏 NEC委員長後任 大統領選で顧問

 【ワシントン=白石亘】米ホワイトハウスは十四日、辞任を表明したコーン国家経済会議(NEC)委員長の後任に、経済評論家のラリー・クドロー氏(70)を起用する方針を明らかにした。同氏はトランプ大統領の長年の友人で、大統領選では経済顧問を務めた。ティラーソン国務長官ら政権中枢幹部が相次いで退任する中、トランプ氏は盟友に経済政策の司令塔を託す。

 クドロー氏はニューヨーク連邦準備銀行や、破綻した米証券大手ベアー・スターンズで勤務した経験もある。現在は米CNBCテレビに経済評論家として出演しており、保守派の論客として知られる。

 クドロー氏は自由貿易主義者で、トランプ氏が導入する鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を批判してきたが、十四日のCNBCのインタビューで「特定の国を適用除外とすることに安心した」と指摘。また「中国は長年ルールに従ってこなかった。私は関税は好きではないが、中国は自ら厳しい対応を招いた」と語り、対中通商交渉に厳しい姿勢で臨む考えを示唆した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報