東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

温暖化、経済損失34兆円 17年、WMO試算 気象災害多発

 【ジュネーブ=共同】世界気象機関(WMO)は二十二日、二〇一七年は地球温暖化の進行に伴って世界各地で気象災害が多発し、経済損失は過去最高の計三千二百億ドル(約三十四兆円)になったとの試算を公表した。米国やカリブ海諸国を襲った大型ハリケーンの被害は特に深刻で、カリブ海の島国ドミニカは国内総生産(GDP)の224%(約十三億ドル)の損失を被ったとした。

 WMOは一七年の世界の平均気温は産業革命前と比べて一・一度上昇し、一五年から三年連続の高温となったと指摘。海水面の上昇や海氷面積の減少、海水の酸性化にもつながり、ハリケーンや洪水などの気象災害を引き起こしている。

 こうした災害は大きな経済損失をもたらし、一七年に米国などを襲った大型ハリケーン「ハービー」「イルマ」「マリア」は米に推定二千六百五十億ドルの損失を与えたという。

 また、一六年には気象災害により世界で二千三百五十万人が居住地を離れ、避難民になったと強調。アフリカ・ソマリアでは一六年十一月〜一七年十二月、干ばつにより八十九万二千人の避難民が出たとした。

 WMOは、一八年も北極で異例の高温を観測していると指摘。欧州などは寒波に、オーストラリアやアルゼンチンは熱波に見舞われるなど「異常気象による被害が続いている」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報