東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

全流出ネム交換の情報 資金洗浄完了か 回収困難に

 仮想通貨交換業者コインチェックから約五百八十億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、犯人側が流出ネムの全額を他の仮想通貨に交換した疑いがあることが二十二日、インターネット上の取引記録などから分かった。情報セキュリティーの専門家は、犯人側のマネーロンダリング(資金洗浄)が完了したとみている。

 国際団体「ネム財団」は二十日、流出ネムの追跡を停止したと発表した。追跡をやめた理由は明らかにしていないが、犯人側によるネムの交換は、その前後から急増。二十日の一日だけで百十億円分(流出当時のレートで計算)に上った。

 ネムは犯人からの交換リクエストに応じた不特定多数の口座に分散された可能性があり、回収は極めて難しくなったとみられる。

 専門家によると、犯人側はネムを複数の口座に分割して保管していたが、二十二日夕に残高がゼロになった。先月七日以降は、匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを通じて、ビットコインなど他の仮想通貨に交換を進めているとみられていた。

 仮想通貨に詳しい京都大大学院の岩下直行教授は「犯人が手にした資金がテロに使われる恐れもある。財団による追跡は、資金洗浄を止める有効な手だてではなかった。取引記録を流出前の状態に戻す『ハードフォーク』という手段を取らなかったことが悔やまれる」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報