東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米韓FTA「保留も」 トランプ氏 対北にらみ、けん制

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は二十九日、中西部オハイオ州で演説し、再交渉で大筋合意した韓国との自由貿易協定(FTA)について「北朝鮮とのディール(取引)ができるまで(FTA合意を)保留するかもしれない」と述べた。朝鮮半島の非核化を目指すトランプ政権が、韓国側に安易な妥協をしないよう牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 トランプ氏はFTA保留の可能性に言及した理由について「なぜならこれは、非常に強いカードになるからだ」と説明した。

 トランプ氏は五月末までに北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を開催する見通し。一方、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領はそれに先立つ四月二十七日に南北首脳会談を開くことで合意しており、北朝鮮と先行して会談する韓国側に対し「FTA保留」を持ち出してクギを刺した形だ。

 また、トランプ氏は北朝鮮問題に関し「とてもうまくいっている」と述べる一方、米朝首脳会談を念頭に「もし良くないものであれば、われわれは出て行く。良いものならば(会談を)受け入れる」と含みを持たせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報