東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

求ム天才 年収優遇/最高1億円 AIなど詳しい方 ゾゾタウン運営会社東京

 衣料品通信販売サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは二日、人工知能(AI)など先端技術に詳しい人材を最高年収一億円で採用すると発表した。技術進歩の著しいIT業界では人材の獲得競争が激しい。同社は「求む天才」と銘打ち、手厚い待遇で優秀な専門家を呼び込む。

 一日付で子会社三社を合併して設立したスタートトゥデイテクノロジーズ(東京)が採用する。年収一千万〜一億円の「天才」枠は最大七人。年収四百万〜一千万円の「逸材」枠は最大五十人とした。

 「天才」「逸材」の定義や基準は「採用に関わるため非公表」(広報担当者)だが、AIやビッグデータ処理、ロボット工学といった技術系を中心に博士号取得者、研究員などから幅広く募集するという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報