東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米、制裁発動は中国次第 NEC委員長、対話に期待

 【ワシントン=共同】サンダース米大統領報道官は四日の記者会見で「中国側の態度に変化がないなら、われわれは前進する」と述べ、中国政府の対応次第で知的財産権の侵害を理由とする制裁措置を発動する方針を表明した。不公正貿易の阻止へ圧力を強めた形だ。一方、国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は対話での問題解決に期待感を示した。

 トランプ大統領は四日、ツイッターに「米国は無能な大統領が原因で、何年も前に中国との貿易戦争に負けた」と投稿した。自身は過去の大統領と異なり、中国に厳しい姿勢で臨むことをアピールする狙いとみられる。

 米国は三日、約千三百品目の中国製品に25%の追加関税を課す制裁案を公表。中国は米国から輸入する百六品目に25%の関税を課す報復措置を四日に発表し、制裁合戦の様相を呈している。

 クドロー氏は四日、記者団に対し中国が報復措置の発動を見送る「可能性はある」と述べた。ロス商務長官はCNBCテレビで、中国の報復規模は「米国内総生産(GDP)の0・3%にすぎない。致命的な影響はほとんどない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報