東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日野、VWと提携検討 商用車自動運転など開発

写真

 トヨタ自動車の子会社の日野自動車は十二日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の子会社とトラックやバスなど商用車の分野で提携に向けた検討に入ると発表した。自動運転システムなど次世代技術の開発を視野に、相互補完的な協力を模索する。 (白山泉)

 トヨタとVWは乗用車市場で競合関係にある。一方で物流や輸送業界はITなどの分野で変革を迫られており、グループを超えた対応が必要と判断した。今後、日野とVW子会社のトップらが定期的に会合を持つ「アライアンス委員会」を設置し、具体的に協力できる分野を検討する。

 日野の下義生(しもよしお)社長とVWグループで商用車を製造販売する子会社のアンドレアス・レンシュラー最高経営責任者(CEO)が十二日東京都内で記者会見。下氏は「商用車が直面する課題はトヨタグループの中にいるだけでは解決が難しい面もある」と、グループを超えた提携を模索する背景を説明。親会社のトヨタからは「『ぜひ進めてください』というコメントをいただいている」と明かし、トヨタとの資本関係は「変わらない」と話した。

 日野はアジア、VWは欧州の市場に強みを持つ。レンシュラー氏は、提携が実現すれば「事業を展開する地域や商品ラインアップの相互補完ができる。開発投資の削減にもつながる」と期待を込めて話した。

 次世代技術の開発では、三菱ふそうトラック・バスに出資する独ダイムラーやスウェーデンのボルボなどが、軽油などでなく電気を動力源とするトラックの開発を進めている。また日野といすゞ自動車はトラックやバスの自動運転の技術を共同開発している。

<日野自動車> 東京都日野市に本社を置き、主にトラックやバスなどの商用車を製造する自動車メーカー。50・1%を出資するトヨタ自動車の連結子会社。近年は競合の大手トラックメーカーと自動運転の実証実験や共同開発などで協業している。2017年4〜12月期連結決算は売上高が1兆3280億円、純利益は392億円。連結ベースの従業員数は約3万2000人。

<フォルクスワーゲン(VW)> ドイツの大手自動車メーカー。乗用車から商用車まで幅広く手掛ける。高級車ブランドのアウディとポルシェを傘下に持つ。2017年の世界販売台数は2年連続で首位。15年にディーゼル車の排ガス規制を巡る不正が発覚し、欧州市場でディーゼル離れが進むきっかけをつくった。電動化にかじを切り、25年までに電気自動車などの電動化モデル計80車種を投入する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報