東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「加計」愛媛県文書 農水省でも見つかる 元秘書官やりとり記す

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関連する文書が農林水産省内で見つかったことが十二日、分かった。関係者によると、愛媛県職員が作成した柳瀬唯夫(ただお)首相秘書官(当時)との面会のやりとりを記した文書という。農水省は獣医師の国家試験や資格の付与などを所管している。愛媛県の中村時広知事は十日の記者会見で、県側が柳瀬氏と面会したやりとりの文書が文部科学省、農水省、内閣府に渡った可能性を示唆していた。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十日の会見で、愛媛県の担当者が首相官邸を訪れた際、柳瀬氏の発言内容を記した文書が存在するとの報道を受け、杉田和博官房副長官が内閣府や文科省、農水省、厚生労働省の各事務次官に県とのやりとりを確認するよう指示したと明らかにした。農水省は関係する部局を中心に確認を急いでいた。

 文書は、愛媛県と今治市の課長や加計学園事務局長が二〇一五年四月二日に柳瀬氏や、内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊・現経済産業省大臣官房審議官と首相官邸などで面会した際の記録とされる。

 柳瀬氏の発言として「首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい」と記載。「先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村(博文)文科大臣(当時)が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」という記述もあった。

 安倍晋三首相は「首相案件」と発言したとする文書内容を否定している。

 中村知事は十日、文書について職員が備忘録として作成したことを認めた。十一日の会見では、柳瀬氏が面会に関し「記憶する限り会っていない」などとしていることについて「『記憶の限り』と言ったのがちょっと気になる。聞いた方はどうなのかなと感じるのではないか」と述べていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報