東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

財務次官 セクハラ疑惑否定

福田淳一次官

写真

 財務省は十六日、週刊新潮で報じられた福田淳一事務次官の女性記者に対するセクハラ疑惑について、「週刊誌報道で記載されているようなやりとりをしたことはない」とセクハラを否定した上で、「名誉毀損(きそん)に当たることから新潮社を提訴すべく準備している」とする福田氏への聴取結果を発表した。

 財務省は十三日以降、福田氏の部下である矢野康治官房長が聴取を実施。客観性を保つため、外部の弁護士に委託して福田氏の調査を続けるとした。財務省を担当する女性記者には調査への協力を依頼した。

 先週十二日発売の週刊新潮は福田氏が会食などの席で、財務省担当の女性記者にセクハラと受け取られる言動を繰り返していたと報道。当初、福田氏は「やりとりは定かではないが、誤解を受けぬよう気を付けたい」と釈明していた。これを受け麻生太郎財務相は「事実ならセクハラという意味ではアウト」と述べながらも、処分や調査には後ろ向きだった。

 だが、十三日には週刊新潮が自社のニュースサイトで、福田氏とされる男性が「抱きしめていい?」「胸触っていい?」などと発言する女性記者のやりとりを記録した音声データを公開。野党だけでなく、与党からも自発的な辞任を求める声が強まっている。

 福田氏は一九八二年に旧大蔵省に入省。昨年七月に事務次官に就任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報