東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

職責果たすこと困難/裁判で争う/あんなひどい会話した記憶ない 福田氏 会見要旨

 福田淳一財務次官が十八日、財務省内で行った記者会見の主なやりとりは次の通り。

 福田氏 週刊誌に掲載された私に関する記事については、事実と異なるものと考えており、裁判の中で引き続き争ってまいりたいと考えております。他方、財務省が厳しい状況に陥っているなかで、さらに私のことで、このような報道がでてしまったこと自体が不徳の致すところであります。

 また、報道後の現状に鑑みますと、財務次官としての職責を果たしていくことが困難な状況になっていると考え、先ほど麻生財務大臣に対して辞職を申し出ました。麻生大臣からはご了解をいただいたところであります。私のことでご迷惑をおかけしたすべての関係者のみなさまにおわびを申し上げたいと思います。

 記者 セクハラ疑惑の音声は、自身の声と認めるか。

 福田氏 自分の声というのは、自分の体を通じて聞くので、録音された声が自分のものかどうかよく分からない。ただ、福田の声に聞こえるという方が多数おられることは知っている。

 記者 女性記者と会合を持った記憶はあるか。

 福田氏 新聞記者とは男女問わず会合をもっている。一対一で会合をもつことはある。(週刊誌に)書かれているような、あんな発言をしたことはない。

 記者 (音声の)相手は誰と記憶している。

 福田氏 分かりません。

 記者 録音のような発言をした記憶は。

 福田氏 あんなひどい会話をした記憶はない。

 記者 週刊誌報道に対するコメントでは、接客業の女性であるようにも捉えられるが。

 福田氏 分かりません。自分の行動について一般的に正直に申した。あの記事がそういうものであるか自分では分からない。

 記者 自分の会話かどうか覚えているのでは。

 福田氏 いろんな人といろんな話をしている。しかも、(音声データは)会話のすべてを順番にとっているようにはみえない。部分的なものをくっつけているようにみえるので、そういう意味で覚えていない。

 記者 会話の内容から思い出せないか。

 福田氏 一生懸命(週刊誌を)読んだ。あの音声データで、予算が成立したらうんぬんというのがある一方、ゴミの運び出しの記述もあって、それが前後関係が逆なのでどういうことか分からないというのが正直なところ。

 記者 セクハラは認めないということか。

 福田氏 報道が出ること自体が不徳の致すところ。本日の状況などをみると、私に関するいろんな議論が、この役所の職務を遂行する上で問題になっており、そういう状況では、今の職責を全うできないと自分で判断した。

 記者 被害を受けた女性記者に名乗り出てほしいという調査手法に批判がでている。

 福田氏 担当者が、専門家に、被害者のほうにも聞くのが通常であると聞き、ああいう整理をしたんだと思う。

 記者 担当が財務省の顧問弁護士事務所で、公正ではないのではないか。

 福田氏 私自身は取り調べを受ける方なので、自分自身がそんなに意見を述べた訳ではない。財務省なりに、こういうときは両方調べるのが普通の例であると研究の上で、提案したんだろうと理解している。

 記者 辞任の理由で森友学園問題は一切関係ないのか。

 福田氏 直接の原因は、私の報道をきっかけとする現在の状況が、今の仕事を続けることができない状況になってしまったことです。

 記者 直接、大臣に辞める考えを伝えたのか。

 福田氏 もちろんです。

 記者 処分の可能性について大臣から言われたか。

 福田氏 大臣の話はノーコメントにさせていただく。

 記者 セクハラ自体は認めていない。告発した女性の気持ちをどう考えるか。

 福田氏 (女性が)どういうことをおっしゃっているか分からないので、ちょっとよく分からない。

 記者 セクハラへの認識が甘いと考えることはないか。

 福田氏 (省内の調査に答えた)「(お店の女性と)言葉遊び(を楽しむようなことはある)」のところがご批判を受けているというのは、なるほど今の時代はそういう感じなのかなとは思う。

 記者 そういう認識でありながらセクハラではないと言われても、ご自身がセクハラだと認識していないだけではないか。

 福田氏 したがって、正直にセクハラという認識はないと表現していると思う。

 記者 普通の人は自分の声は分かると思うが。

 福田氏 私は子どものころから、テープレコーダーで自分の声を聞くとよく分からない。

 記者 国会で答弁したこともあるし、テレビの前でもコメントしている。

 福田氏 あの音声データを聞いた時は、「ああこれ、おれの声なのかな」とは思った。ただ、私の声に聞こえるという人が多数おられることは認識している。

 記者 文書改ざんの問題などで、財務省の対応が後手後手に回ったのは否めない。組織のトップとして対応のまずさをどう考えるか。

 福田氏 理財局は本当に昼夜を分かたず作業して、出せるものは全部出すという精神で対応した。そこは正当に評価してあげてもいいのかなと思っている。

 記者 国民に税負担を求めるのに必要な信頼性が損なわれた。

 福田氏 誠に不徳の致すところで、そんなことが影響を与えるとすれば非常に残念だ。財政は国民が負担し、国民が給付を受けるものだから、管理人(である財務省)の不祥事は許されないが、それをきっかけに考え方を変えるのは、国民にとっていいことではないとご理解いただきたい。

 記者 辞任の決断に週刊誌報道から一週間かかったのは、組織防衛では。

 福田氏 そういう新聞記事は時々読むが、あまり理解できない。今の状況になって、もう職責を全うできない状況だと気が付いたということだ。

 記者 なるべくして財務省トップになった。こういう問題が起きたのは残念では。

 福田氏 全く個人的感情なので恥ずかしい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報