東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

保護主義 懸念相次ぐ G20開幕「世界経済にリスク」

 【ワシントン=白石亘】日米欧に新興国を加えた二十カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が十九日夜(日本時間二十日午前)、米首都ワシントンで始まった。米国と中国との間の貿易摩擦など保護主義が最大のテーマで、好調な世界経済に水を差すリスクに対して懸念の声が相次いでいる。

 G20はワーキングディナーで開幕し、日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦(はるひこ)日銀総裁が出席した。初日の討議後、麻生氏は「自由で公正な貿易」を堅持するよう訴えたことを明らかにした。黒田総裁は開幕前、記者団に対し「保護主義に走ることは、世界経済にとって大きなマイナスになり得るリスク。十分に注視しなくてはならない」と警戒心を示した。

 ロイター通信によると、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は十九日の記者会見で、米中の関税引き上げが世界経済に与える直接の影響は軽微としつつも、先行きの不確実性は投資の抑制につながるとして「景気回復の二つのエンジンである投資と貿易を傷つけたくない」と訴えた。

 会議は二十日まで行われる。保護主義のほかに、シリア、北朝鮮情勢が緊迫化した場合の対応や、予想よりも急速な金融引き締めが実体経済に与える影響といったテーマが議論される見通し。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報