東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

次官セクハラ疑惑「品位欠く」 榊原経団連会長が批判

 経団連の榊原定征(さだゆき)会長は二十三日の記者会見で、財務省の福田淳一次官のセクハラ疑惑について「真偽は別として、品位に欠ける。国の政策のかじ取りに大きく関与する財務省の筆頭幹部として全くふさわしくない」と批判した。

 一方、公文書の改ざんやセクハラ疑惑など不祥事が続く財務省トップの麻生太郎財務相の責任について、「進退について私が申し上げる立場ではない」と述べるにとどめた。

 一方、企業のセクハラ対策について榊原会長は「セクハラをなくすことは世界の潮流であり、組織の長がきちんと対応するのは当たり前のことだ。社内でしっかり対処し、根絶していくことが大事だ」と述べた。

 また、メディアの取材のあり方として「夜、酒場に行って一対一で話すことが公器のメディアに求められていることかどうか疑問だ」と問題意識を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報