東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「くそ野郎という感じで報道」 矢野官房長、自身の発言巡り

矢野康治官房長

写真

 財務省の矢野康治官房長は十一日の衆院厚生労働委員会で、前財務次官のセクハラ問題を巡る自身の国会答弁が配慮を欠くと批判されていることについて「顔写真付きでほとんど『くそ野郎』という感じで報道されているが、そんなことは申し上げていない」と反発し、正確に報道されていないと主張した。

 矢野氏は四月十八日の衆院財務金融委員会で、被害を受けた女性記者について「(名乗り出ることが)そんなに苦痛なことなのか」と答弁した。

 立憲民主党の池田真紀氏は十一日の厚労委で答弁を撤回、謝罪するよう求めたが、矢野氏は女性記者が週刊誌に話していることや、財務省が委託した弁護士事務所には守秘義務があることを説明した上での発言だと強調。「本当に『そんなに苦痛か』とだけ言ったら人でなしだ。そんな人間は私も軽蔑するが(実際の答弁は)報じられていることとは違う」と反論した。

 謝罪については「デリカシーを欠くというならおわび申し上げる」と述べたが、撤回は拒んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報