東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米ゼロックス、富士フとの合意破棄 買収代替案検討へ

写真

 【ニューヨーク=共同】富士フイルムホールディングス(HD)が買収することで合意していた米事務機器大手ゼロックスは十三日、富士フイルムHDによる買収計画を破棄し、買収に反対する大株主と新たに和解したと発表した。経営陣を大幅に入れ替え、買収の代替案を検討する。

 ゼロックスと株主の和解は二度目。ゼロックスは合意の破棄を富士フイルムHDに通知した。富士フイルムHDは買収計画の大幅な見直しを迫られそうだ。

 買収計画を進めてきたゼロックスのジェイコブソン最高経営責任者(CEO)は辞任。他の取締役五人も辞めた。買収に反対する大株主で著名投資家のカール・アイカーン氏らがゼロックス取締役会に計五人を送り込み、取締役会の過半数を握る。

 ゼロックスは合意破棄の理由として、富士フイルムHDが四月十五日までにゼロックスに提出する予定だった富士フイルムHD傘下の富士ゼロックスの監査済み財務諸表が期限までに提示されなかったことなどを挙げた。

 富士フイルムは一月、ゼロックスの買収計画を発表。この計画はゼロックスに不利な内容だとして別の大株主の米実業家が差し止めを求める訴えを起こした。ゼロックスは今回、この訴訟についても和解した。

 ニューヨークの裁判所が四月二十七日、ゼロックス経営陣による交渉を不適当と判断し、富士フイルムHDによる買収を差し止める仮処分を出した。

 ゼロックスとアイカーン氏らは五月一日に和解を発表したが、和解案は三日に失効。ゼロックスは四日に仮処分決定を不服として上訴し、富士フイルムHDとの協調路線に戻ったばかりだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】