東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

不適切投稿8億件削除 1〜3月期 FBが初の報告書

 【ニューヨーク=共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は十五日、不適切な投稿に関する報告書を初めて発表した。二〇一八年一〜三月期に削除した不適切投稿は八億六千万件超だった。大部分は迷惑な内容のスパム投稿が占めた。利用者の信頼回復に向けた取り組みの一環。

 スパム投稿の発信源となる偽アカウントの閉鎖件数は五億八千三百万件。偽アカウントがFBアカウント全体に占める割合は3〜4%程度と推測している。

 削除した不適切投稿の内訳は、スパム投稿のほか、大人の裸体や性的な行為が二千百万件。暴力的な内容は警告も合わせ三百五十万件、ヘイトスピーチは二百五十万件などだった。

 FBは人工知能(AI)を活用し、利用者が閲覧する前に不適切な投稿を削除する技術を開発している。利用者らの通報前に抽出できた割合は、スパムに関しては100%近くに達した。一方で、ヘイトスピーチは38%にとどまった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報