東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

新日鉄住金の社名 「日本製鉄」に変更

社名変更の記者会見をする新日鉄住金の進藤孝生社長(左端)ら=16日、東京都中央区で

写真

 新日鉄住金は十六日、来年四月一日に社名を「日本製鉄」に変更すると発表した。傘下の日新製鋼を完全子会社化し、来年四月をめどにステンレス鋼板事業を統合することも発表。新社名の下で成長戦略を加速させ、国際競争力を高める狙いだ。

 新日鉄住金の進藤孝生社長は東京都内で記者会見を開き、社名変更の理由を「グローバルに展開する際、日本発祥の製鉄会社であると明確に打ち出したい」と説明した。

 「日本製鉄」の名称は官営の旧八幡製鉄所などが合併して一九三四年に発足した国策会社で使われていた。読み方は「にほんせいてつ」だったが、新社名は「にっぽんせいてつ」となる。戦後に解体され、分割後の会社が再編で旧新日本製鉄になった経緯があるが、進藤氏は「意識せず決めた」と話した。

写真

 新日鉄住金は、旧新日本製鉄と旧住友金属工業が二〇一二年十月に合併して発足した。旧住友金属の名称は社名からなくなる。

 新日鉄住金は山陽特殊製鋼の子会社化なども検討しており、進藤氏は「新たなDNAが入ってきている。より包摂的な名称が必要だ」とも強調した。社名変更は来月の株主総会を経て正式に決定する。

 昨年子会社化した日新製鋼を完全子会社化する理由に関して、進藤氏は「供給過剰など極めて厳しい事業環境に対応し、早期に競争力を強化する必要があると判断した」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報