東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

中国「対米黒字22兆円減」 公式協議提案 米、受け入れは不透明

 【ワシントン=白石亘】トランプ米政権は十七日、中国と貿易問題に関する二回目の公式協議をワシントンで始めた。ロイター通信によると、中国側は米国からの輸入を増やすなどし、対米貿易黒字を年二千億ドル(約二十二兆円)減らす案を提示した。本格的な貿易戦争に突入するのを避ける狙いだが、両国間には他にも懸案があり、米側が受け入れるかは見通せない。

 今月初旬に北京で開かれた初回の協議で、米側は二〇二〇年末までに対米貿易黒字を二千億ドル減らすよう求めており、中国側が要求をのんだ形となる。ロイターによると、米側が提案を受け入れるなら、中国側には米ボーイングの航空機を購入したり、米国の農産物にかかる関税を下げる案があるという。

 ただ一七年の中国の対米黒字は三千七百億ドル。黒字額が半減するほどの削減が進むかどうかには「懐疑的な見方が多い」(米メディア)とされる。

 トランプ大統領は十七日、中国の交渉団を率いる劉鶴(りゅうかく)副首相とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は会談に先立ち記者団に「中国はこれまで甘やかされてきた」と語り、交渉に強い態度で臨む考えを示した。

 米中間では貿易黒字以外にも懸案が多い。中国側は、トランプ政権の経済制裁によって経営危機に陥った通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁の解除を要求している。一方、米側は中国政府がハイテク産業を育成するために支給する補助金などの支援策を、即時に停止するよう求めている。ただ意見の隔たりは大きく、交渉は難航することも予想される。

 協議は十八日までの二日間の日程で行われ、米側からはムニューシン財務長官やロス商務長官、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表らが参加する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報