東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米21世紀フォックス争奪戦 コムキャスト 7兆円提案

 【ニューヨーク=共同】米メディア・娯楽大手コムキャストは十三日、米メディア大手21世紀フォックスに対し、娯楽部門を六百五十億ドル(約七兆一千七百億円)で買収すると提案した。米ウォルト・ディズニーが五百二十四億ドルで同じ部門の買収に合意しており、米メディアの争奪戦に発展する可能性が高まった。

 コムキャストは昨年も買収を打診したが、21世紀フォックス側が、米当局に認められない可能性があると判断、ディズニーを選んだ。米連邦地裁が十二日、米通信大手AT&Tによる米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収計画を容認する判断を示したことを受け提案したとみられる。

 コムキャストは現金で買い取る方式を提案。ディズニーは株式交換で買収する計画だ。ロイター通信によると、21世紀フォックスはルパート・マードック氏の一族が17%の株式を保有。現金での買収は、一族に多額の税金が発生する可能性があるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報