東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ディズニーシー22年度拡張 「アナ雪」などで新施設

東京ディズニーシーの拡張予定地となる同施設に隣接する駐車場(奥)=14日、千葉県浦安市で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 オリエンタルランドは十四日、千葉県浦安市の東京ディズニーシーを大幅に拡張すると発表した。ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」など三つの映画をテーマにしたエリアを新設。二〇二二年度の開業を目指す。大規模な投資に伴い、入園料の値上げを検討する。 (須藤恵里)

 現在の敷地面積は四十九万平方メートル。隣接する駐車場を転用し、約十万平方メートル(東京ドーム二個分)を増設する。〇一年の東京ディズニーシー開業以来、最大の拡張となり、投資額は約二千五百億円となる見込み。

 拡張部分のテーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。「アナと雪の女王」のほか、「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」にちなんだ三つのエリアで構成する。アトラクションやレストランのほか、五つ目となる直営ホテル(四百七十五室)などもつくる。

 アトラクションは、映画の世界観を味わえるよう劇中歌など音楽を多用する。「アナと雪の女王」エリアでは、ボートに乗って主人公の姉妹の物語を体験。「塔の上のラプンツェル」では、映画で描かれたランタン祭をゴンドラに乗って訪れる。「ピーター・パン」では、ボートで海賊と戦うものと、妖精と一緒にネバーランドを冒険する二つのアトラクションを用意する。

 東京ディズニーランドでも、七百五十億円を投じて映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアを開発中で、二〇年春にオープンする予定だ。

 浦安市で記者会見した加賀見俊夫会長は「ディズニーの創造力を結集した。誰も体験したことのないリゾートになる」と話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報