東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

西日本豪雨 マツダなど工場停止 スーパー、コンビニ休業も

 西日本を中心とする記録的な豪雨の影響は、企業活動にも広がっている。マツダは九、十の両日、本社工場(広島県府中町)、防府工場(山口県防府市)の操業を停止する。ダイハツ工業(大阪府池田市)も本社工場(同)など四工場で九日昼の稼働見合わせを決めた。大手スーパーやコンビニエンスストアは一部店舗が休業し、宅配業者は一部地域で配達や集荷作業を取りやめた。

 マツダの二工場は物流網や交通機関の状況を踏まえて再開時期を探る予定だ。ダイハツは部品供給が滞っているとして、本社工場のほか滋賀第二(滋賀県竜王町)、京都(京都府大山崎町)、ダイハツ九州大分(大分県中津市)の各工場の稼働を見合わせる。「人的、設備などの被害はない」としており、九日夜の稼働は改めて判断する。

 流通大手イオンは、八日午後二時時点で、グループのスーパーやコンビニエンスストア計九店が休業。このうちイオン小郡ショッピングセンター(福岡県小郡市)では駐車場が冠水し、店内にも水が流れ込んだ。イオン傘下で岡山県を中心にスーパーを展開する山陽マルナカ(岡山市)は七日に休業した店舗を一部再開したが、道路の通行止めのため品物の配送が遅延しているという。

 大手コンビニでは八日午後三時時点で、セブン−イレブンが岡山県を中心に十七店で休業。避難指示が出たり周辺の道路が通行不能になったりしたほか、一部の店舗は浸水した。ローソンは午後五時時点で二十三店が休業を余儀なくされている。物流業界では、高速道路の通行止めなどの影響が広がっている。ヤマト運輸と佐川急便は、中国地方を中心に西日本の各地で宅配便の配達、集荷を一時停止。全国的にも配達の遅れが生じているという。

◆トヨタ九州 3工場再開

 トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は九日、西日本を中心とする豪雨の影響で休止していた宮田工場(同市)など三工場の稼働を同日午前から再開したと明らかにした。六〜七日は従業員の安全を確保するため、一部で操業を見合わせていた。

 再開したのは、宮田工場と苅田工場(福岡県苅田町)、小倉工場(北九州市)。六日は三工場で夜勤を中止し、七日は苅田工場と小倉工場で予定していた休日出勤を取りやめた。八日は休日だった。

 宮田工場では高級車ブランド「レクサス」の車両を、苅田工場と小倉工場では自動車部品をそれぞれ生産している。

◆首相、豪雨対応で外遊変更を検討

 自民党幹部は九日、西日本豪雨を受け、安倍晋三首相が十一日から予定している欧州、中東訪問を変更し、被災地視察を検討していると記者団に明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報