東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東京五輪選手移動にトヨタが自動運転車

写真

 トヨタ自動車は二十三日、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックで選手や大会関係者を運ぶ車両として、完全自動運転車「e−Palette(イーパレット)」を提供すると発表した。選手村など限定した地域を走り、サービスの実用化に向けた知見の蓄積も狙う。一方、大会公式車両には燃料電池車(FCV)など三千台以上を供与し、先進技術を世界に発信する。

 イーパレットは箱形の電気自動車(EV)で運転席はない。移動や物流、商品の販売など幅広いサービスに使える車両としてトヨタが今年一月に発表した。

 公式車両はFCVやEV、ハイブリッド車(HV)など電動車両を中心にして環境に配慮する。通信端末を搭載し、収集したビッグデータを車両の配置や交通状況の把握に生かす考え。

 このほか、搭載された人工知能(AI)が運転手と会話しナビゲーションなどをする試作車「Concept 愛i(コンセプト・アイ)」や、限られた地域内で運転を自動化する「レベル4」の機能を持つ車両のデモ走行も実施。警備には超小型のEVを活用する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報