東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ドンキ社長「西友に興味ある」 条件次第で買収検討

 ドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は13日、米流通大手ウォルマートが売却する方針の国内スーパー大手西友(東京)について、「本当に売りに出たということであれば興味がある」と述べ、条件次第で買収を検討すると明らかにした。

 東京都内で開催した事業説明会で述べた。大原社長は西友について「人材に加え、今では手に入らないような立地(の店舗)が多数ある」と指摘。「売るということなら細かく精査していきたい。中身次第だ」と強調した。

 ドンキホーテHDは自力での出店に加えて、2017年にユニー・ファミリーマートホールディングスと資本・業務提携するなど、規模の拡大を急速に進めている。西友を取り込めば、国内有数の小売業グループになる。

 大原社長は、ユニーと共同開発している新型店「MEGA(メガ)ドン・キホーテUNY」を19年中に20店舗増やすことも明らかにした。

 ドンキホーテHDは同日、東京の渋谷区道玄坂にあった旧「ドン・キホーテ渋谷店」跡地周辺を再開発し、商業施設やホテルを備えた地上28階、地下1階建ての高層ビルを建設する計画も明らかにした。22年4月の完成を予定している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】