東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トルコとカタール、通貨交換協定締結 リラ急落で対策

 【イスタンブール=共同】トルコとカタールの中央銀行は、金融危機時に互いの通貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を締結した。カタール中銀が十九日までに発表した。急激な通貨安に見舞われたトルコにカタールが差し伸べた事実上の支援策。交換できる通貨の総額など詳細は明らかになっていない。

 発表は十七日付。トルコが危機に陥った場合、カタールが資金供給を続けて金融システムの安定を確保する。金融不安による国外への資金流出や、為替市場での投機的な動きに備える。

 トルコの通貨リラは、米国とトルコの対立を背景に十日に急落。十三日のアジアの外国為替市場で、史上最安値となる一ドル=七リラ台前半まで一時売り込まれた。二十日は六リラ近辺で取引された。

 カタールは十五日、トルコに対する百五十億ドル(約一兆七千億円)の直接投資を表明したばかり。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報