東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

即席麺60年 年1000億食時代 環境、健康配慮を宣言

1958年に日清食品が発売した当時の「チキンラーメン」

写真

 日清食品の創業者・故安藤百福氏が発明したインスタントラーメンの元祖「チキンラーメン」が二十五日で発売六十年となる。即席麺は進化を続け、国境を越えて年間約一千億食の市場に成長した。発祥地・大阪で二十三日までの二日間、健康や環境への配慮を軸に各国企業が即席麺の将来を議論した。

写真

 「地球環境への配慮は、もはやメーカーの義務だ」。大阪市に中国やインドネシアなどの主要メーカー十三社が集まって開かれた「世界ラーメンサミット」。二十三日に表明した大阪宣言で、カップ麺の容器の素材を微生物に分解される環境に優しいものに置き換えていく努力を始めることをうたった。

 サミットは世界ラーメン協会(大阪府池田市)が主催し、九回目を迎えた。同協会の推計では、二〇一七年の即席麺の世界総需要は約千一億食。この出発点が、一九五八年八月二十五日発売のチキンラーメンだ。

 うどん一玉が六円の時代、チキンラーメンは三十五円で売られたという。即席麺として初めて成功し、他のメーカーも追随した。安藤氏は袋入り麺を紙コップに移して食べる米国人を見てカップ麺を着想、七一年に「カップヌードル」を生む。これが世界食への一歩だった。今回のサミットのテーマは、未来の即席麺の在り方だ。消費が伸び悩むインドネシアの企業幹部は「栄養価が低いとのイメージがある」とし、より健康面に配慮した商品提供の必要性を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報