東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「検索不正操作」 トランプ氏、グーグルを批判

 【ワシントン=白石亘】トランプ米大統領は二十八日、米IT大手グーグルの検索サービスが、自らに批判的なニュースが表示されるように「不正に操作されている」と批判し、何らかの対策を検討する考えを明らかにした。

 トランプ氏は同日朝、ツイッターで「グーグルで『トランプ ニュース』と検索すると、フェイク(偽)ニュースを流すメディアの報道しか表示されない」と不満を表明。

 政権に好意的な保守系メディアがブロックされているとして、「われわれが見ることができるもの、できないものを彼ら(グーグルなど)がコントロールしている。これは非常に深刻な状況で、何らかの対応を取る」と訴えた。

 これに対し、グーグルは同日、声明を出し「グーグルの検索結果はいかなる政治的イデオロギーにも偏っていない」と強調。「政治的考えを操作するために検索結果を並べ替えることは決してない」と不正は一切ないと否定した。

 それでもトランプ氏はホワイトハウスで記者団に「グーグルは国民をだましている」と批判を繰り返した。

 クドロー国家経済会議(NEC)委員長は、グーグルの検索を調査・分析し、政府が規制する必要性があるかどうか検討する考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報