東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

電子決済これ一台 りそな、11月から小売店に端末貸与

りそなが無償で貸し出す電子決済用の端末(一部画像処理)

写真

 りそなホールディングス(HD)は三十日、小売店などに、電子マネーやQRコードといった国内で使われる大半の電子決済に一台で対応できる端末を無償で貸し出すサービスを十一月から始めると発表した。端末を一本化することで店側の負担を軽減し、電子決済の普及を後押しする。

 提供する端末は、クレジットカードだけでなく、Suica(スイカ)などの交通系・流通系電子マネーや、QRコードをスマートフォンで読み取って料金を支払う中国で人気の「アリペイ」にも対応する。

 複数の電子決済手段に対応できるスマートフォン向けアプリの開発基盤も加盟店に無償で開放。店側が独自にポイントサービスなどを付け加え、顧客にアプリを提供できるようにする。

 りそなHDの鳥居高行執行役は「加盟店は端末の導入費負担が低減され、顧客にお得なサービスを提供する原資を捻出できるようになる」と話した。

 りそなは、売り上げに応じて加盟店が支払う決済手数料を安く抑える。アプリや端末を通じた電子決済の利用を増やして手数料を稼ぐ狙い。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報