東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

<原発のない国へ 福島からの風>土壌汚染 帰還進まぬ飯舘村 農業先端地へ再出発

用水路の水門をカメラで監視し(写真(下))、タブレット端末で遠隔地から開閉する菅野さん(同(上))のシステム=福島県飯舘村で

写真

 東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の被害を受けた福島県飯舘村で、農業を営む菅野宗夫(かんのむねお)さん(67)がITや人工知能(AI)と、自然エネルギーをフル活用した生活再建に取り組んでいる。避難解除後も、なかなか人口回復しない同村だが、菅野さんは「新しい農業の先駆地として故郷をよみがえらせたい」と意気込む。 (池尾伸一)

 「さあ、田んぼの水が減っているようなので、少し増やしておこうかね」

 水田から数百メートル離れた休憩所。菅野さんがタブレット端末を取り出した。映し出されたのは用水路の水門。画面にタッチして少し待つと水門が上がり、水が流入する画像に変わった。

太陽光発電でオフグリッド(独立電源)にする予定の菅野さんの新築中の自宅=福島県飯舘村で

写真

 東日本大震災直後から東京大や明治大の研究者らと「ふくしま再生の会」を作り放射能の測定や農業の再生に取り組んできた菅野さんが、研究者の協力で取り入れたシステムだ。センサーで水深や水温を測り、画像も備え付けのカメラが撮影している。従来は、田を見回りし、天候に応じて水を調節するのは手間がかかる仕事だった。菅野さんは「システムのおかげで、どこにいても水量調節でき楽になった」と言う。

 トウモロコシやパプリカのハウスにはAIを導入済みだ。センサーで土中の水分や日射量を測り、天気予報も勘案して培養液の量を自動算出。土中に張り巡らしたチューブで注ぎ込む。

 昨年春に飯舘村の農地の除染は完了したが、震災から七年の間に他に生活拠点を移した村民が多い。震災前に千二百軒だった農家は現在は七十五軒(自家消費だけの農家を除く)。担い手も高齢者が中心で人手が足りない。村外に住んで田畑に通う人も多く、菅野さんは「高齢者や村外に住む人もAI技術を使えば農業を再開しやすくなる」と話す。

写真

 菅野さんはこれらAI機器の電気を将来は自然エネルギーで賄いたい考えだ。まだ避難先の伊達市から農場に通う菅野さんだが、村内の再建中の自宅には太陽光パネルを設置。蓄電池も導入し電気を自給自足する「独立電源」(オフグリッド)を実現する計画だ。既に用水路で発電する小力発電で近くの街路灯に電気を送っている。「もともと農家は水車などの身近な自然エネルギーをつかってきた。原発に頼らなくてもエネルギーは自給できる」と菅野さんは話す。

 研究者らも手応えを感じている。東京大大学院の溝口勝教授(国際情報農学)は「飯舘の農業はゼロからの再出発。新しいことを試しやすく、農業者自身も真剣。ここでの試みが全国のモデルになる可能性がある」とみる。

<飯舘村> 原発事故の影響で一時、全村避難となったが昨年春に一部地域を除き避難解除となった。今年8月1日現在の人口は875人。東日本大震災前は約6500人だった。震災前は高原の気候を生かした飯舘牛、花、高原野菜の生産が盛んだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報