東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

分身ロボットで宇宙探査疑似体験 ANAとJAXAなど開発着手

地上や宇宙ステーションなどにいる人の動きを再現し、月面で作業をするアバター(左)のデモンストレーション展示=いずれも相模原市中央区のJAXA相模原キャンパスで

写真

 ANAホールディングス(HD)は六日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと共同で、宇宙にいるかのような感覚を疑似体験できるプログラムの開発に着手したと発表した。遠隔操作できる分身(アバター)ロボットを活用したビジネスを目指し、月や火星の探査、宇宙基地などの建設なども視野に入れている。(瀬戸勝之)

 アバターはロボット工学をはじめ仮想現実(VR)、カメラ、センサーなどのさまざまな技術を使って実現させる。分身のロボットを動かすことで、現地にいるかのように風景を見たり、音を聞いたり、物を触った感触を体験できる。

 相模原市内のJAXAの施設で六日開かれた発表会には宇宙飛行士の山崎直子さんが出席。「アバター技術の活用で宇宙飛行がより身近になると期待している」と話した。会場ではアバターに関連する技術を持つベンチャー企業の関係者らが人型ロボットを遠隔操作し、月面探査車を修理する実演などを披露した。

 ANAHDの片野坂真哉(かたのざかしんや)社長は「アバター技術は遠隔地へ『瞬間移動』できる手段。宇宙ビジネスでの利用も期待できる。JAXAをはじめ、志を同じくする企業や団体と世界に貢献したい」と述べた。

人間の手の動きを再現できるロボットアーム

写真

 ANAHDなどは今回のプログラムに参加する企業や団体をさらに募り、二〇一九年春に事業会社を設立。大分県内に月や火星の環境を模した実証実験の施設も建設し、本格的な技術開発に乗り出す。二〇年代前半には宇宙空間での実験も開始。将来は宇宙ホテルの建設なども想定している。

 ANAHDは今年三月に発表した中期経営戦略の中でアバター技術の構想を発表。このほか農林漁業や医療などの分野でも新事業を検討している。一九年からは現場に行かなくても魚釣りや果物の収穫などの疑似体験ができる観光サービスも始める予定。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報