東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

医療費最高42.2兆円 2年ぶり更新、高齢化で増加傾向続く

写真

 厚生労働省は二十一日、二〇一七年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の概算が前年度比2・3%増の四十二兆二千億円に達し、二年ぶりに過去最高を更新したと発表した。前年度から九千億円増えた。一人当たりは前年度比八千円増の三十三万三千円。

 厚労省は「高齢化と医療の高度化で医療費が増加する傾向は当面変わらない」と分析している。一六年度は、C型肝炎治療薬「ソバルディ」といった高額薬の公定価格が大幅に引き下げられた影響で医療費が減ったが、一七年度はこうした要因がなく増加に転じた。

 診療種類別は入院が十七兆円で全体の40%を占める。外来が十四兆四千億円(34%)、調剤七兆七千億円(18%)、歯科二兆九千億円(7%)。一人当たりは七十五歳未満の二十二万一千円に対し、七十五歳以上は九十四万二千円に上った。

 都道府県別で見ると、東京都が四兆五千二百七十四億円で最大。最小は鳥取県の二千七十三億円だった。

 概算医療費は公的医療保険と公費、患者の窓口負担を合計した。全額自費負担した場合や労災保険は含まれない。医療費の総額を示す「国民医療費」の約98%に当たる。

 厚労省は二十一日、一六年度の国民医療費を0・5%減の四十二兆一千三百八十一億円と発表した。高額薬の値下げの影響で十年ぶりに減少。概算医療費が増えたことから、一七年度の国民医療費は四十三兆円に達するとみている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報