東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ユニー・ファミマ ドンキをグループ化 売上高4.7兆円規模に

写真

 ユニー・ファミリーマートホールディングスは十一日、ディスカウント大手ドンキホーテホールディングスに対して十一月上旬から株式公開買い付け(TOB)を実施し、最大20・17%の株式を取得してグループ企業にすると発表した。一株六千六百円で公開買い付けし、取得総額は約二千百十九億円に上る見込み。

 同時にユニー・ファミマ傘下の総合スーパー「ユニー」の全株式をドンキに売却すると表明。ドンキのグループ化で、インターネット通販の台頭や人口減少などによる小売業界の変化に対応するのが狙い。ユニー・ファミマを中心とした売上高四兆七千億円規模の流通グループが誕生することになる。

 ユニー・ファミマは経営資源を傘下のコンビニであるファミリーマートに集中、関連会社となるドンキと提携を強化して店舗改革や金融事業の構築などを進める。ドンキは独自の商品陳列法などの自社ノウハウを生かしてユニー店舗の業態転換を加速する。また、ユニー・ファミマの親会社である伊藤忠商事と協力し、ユニー・ファミマとドンキは海外展開を積極的に拡大する。

 ドンキは社名を来年二月一日付で「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」に変更することも発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報