東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

最大級メガソーラー完成 岡山・瀬戸内

写真

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ会社などが参画する国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)=写真=が完成し、岡山県瀬戸内市で九日、竣工(しゅんこう)式が開かれた。閉鎖された同市所有の塩田の跡地を活用し、約二百六十ヘクタールに約九十万枚の太陽光パネルを設置。出力は約二十三万キロワットで、発電した電力は中国電力に売り、約八万世帯分が供給される。

 発電所は総事業費約千百億円で、二〇一四年に着工していた。GEのグループ会社や東洋エンジニアリング、くにうみアセットマネジメント(東京)が出資して設立した「瀬戸内Kirei未来創り合同会社」(同市)が運営する。今年二月から試験操業し、当初の計画よりも早い十月から既に商業運転を始めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報