東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「美女と野獣」を体感 TDL、工事進む新エリア公開

映画「美女と野獣」をテーマにした新エリアの工事現場(奥)=6日午前、千葉県浦安市で

写真

 東京ディズニーランド(TDL)を運営するオリエンタルランドは六日、TDLで建設中のディズニー映画「美女と野獣」をテーマとしたエリアの工事現場を報道陣に公開した。二〇二〇年春に開業する。

 新エリアは映画に登場する城や村を再現した。高さ三十三メートルの「美女と野獣の城」の中にできる大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、皿型の乗り物で映画のシーンを体験できる。単体の施設では過去最大の約三百二十億円を投じる。映画の主人公「ベル」が通う書店を模した土産店や、映画に登場する酒場のようなレストランもつくる。

 このほか新エリアにはTDLで初の完全屋内型シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」(約千五百席)も建設。音楽の世界を巡る旅がテーマのショーにディズニーのキャラクターが登場する。

 さらに映画「ベイマックス」がテーマのアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」も建設。ベイマックスがテーマの施設は世界初となる。新エリアの総開発面積は約四万七千平方メートルで、総投資額はTDLと東京ディズニーシーの開園以来、最大規模の約七百五十億円を見込む。 (須藤恵里)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報