東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ソフトバンク4時間障害 総務省、重大事故の可能性

 ソフトバンクは六日、スマートフォンなどの携帯電話サービスで同日午後一時三十九分から全国の広い範囲で大規模な通信障害が発生したと明らかにした。交換設備の不具合により、音声通話とデータ通信が利用しにくいか、利用できない状態となったが、不具合は四時間余りたった午後六時四分にほぼ解消した。総務省は電気通信事業法上の「重大な事故」の可能性があるとして、詳細な報告を求める方針だ。

 原因はスウェーデン通信機器大手エリクソンのソフトウエアの異常で、旧バージョンに戻したところ復旧したという。

 障害によって一時、一一九番通報ができなくなったり、宅配便の配達が滞ったりした。利用者の生活に大きな影響が及び、十九日に上場を控えたソフトバンクにとって大きな失態となった。

 ソフトバンクによると、各地にある複数のエリクソン製交換設備で不具合が起きた。障害は大容量通信プランなどを扱うソフトバンクの契約者に加え、同社の格安ブランド「ワイモバイル」契約者にも起きた。ワイモバイルを合わせた契約数は九月末時点で計四千万回線に上る。同社の固定電話サービスと家庭用無線LAN「Wi−Fi」のサービスにも影響が出た。

 ソフトバンクの回線を借りてサービスを提供する格安スマートフォンの利用者にも同様の障害が発生した。同社回線を使う格安スマホブランドには、LINE(ライン)モバイルやmineo(マイネオ)などがある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報