東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

17年1人当たりGDP 日本は20位 円安で18位から後退

写真

 内閣府は二十五日、日本の一人当たりの名目国内総生産(GDP)が二〇一七年はドル換算で三万八千三百四十八ドルとなり、経済協力開発機構(OECD)加盟三十六カ国中二十位だったと発表した。為替相場が円安に振れたことが影響し、一六年の十八位から二つ順位を下げた。

 一七年は円ベースで前年比1・9%増の四百三十万一千円だったが、円安によりドル換算額は1・1%減に縮小した。為替相場の年平均は一六年が一ドル=一〇八円八四銭、一七年は一一二円一六銭だった。

 一人当たり名目GDPの上位三カ国は一六年と変わらず、十万四千四百ドルのルクセンブルクが首位で、スイスの八万四百ドル、ノルウェーの七万五千七百ドルが続いた。米国は六位の五万九千八百ドル、韓国は二十二位の二万九千八百ドルで、ともに順位は変わらなかった。

 日本の一七年の名目GDP総額は四兆八千六百四億ドルで世界三位。世界全体に占める割合は6・0%で一六年から0・5ポイント下がった。トップの米国は十九兆四千八百五十四億ドルで24・1%を占めた。二位はOECD非加盟国の中国で、十二兆二千三百七十八億ドルの15・1%だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報