東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

堺屋太一さん死去 83歳 「団塊の世代」元経企庁長官

写真

 「団塊の世代」の名付け親であり、経済企画庁(現内閣府)長官を務めた作家で経済評論家の堺屋太一(さかいやたいち)(本名池口小太郎(いけぐちこたろう))さんが八日、多臓器不全のため死去した。八十三歳。大阪市出身。葬儀・告別式は十七日午後一時から東京都港区南青山二の三三の二〇、青山葬儀所で。喪主は洋画家の妻池口史子(いけぐちちかこ)さん。 

 東大経済学部卒業後、一九六〇年、通商産業省(現経済産業省)に入省。六二年版の通商白書で「水平分業論」を展開し注目を集めた。七〇年開催の大阪万博の企画を担当し、沖縄開発庁(現内閣府)出向中には沖縄海洋博も手掛けた。七八年退官。

 在職中の七五年に石油危機をテーマにした「油断!」で作家デビュー。第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と名付けた七六年の同名の小説では、この世代が社会に与える影響をいち早く予測するなど、将来を先取りする著作でベストセラー作家となった。

 九八年七月から二〇〇〇年十二月まで小渕内閣と森内閣で、民間人閣僚として経済企画庁長官を務めた。第二次安倍内閣では内閣官房参与に就任した。

 八五年には脱工業化社会を予言した「知価革命」も出版。歴史小説も多く「峠の群像」や「秀吉」はNHKの大河ドラマの原作になった。

 政府税制調査会や国会等移転調査会委員、阪神・淡路復興委員会委員を歴任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報